最新医療IT化

最新医療現場のIT化とは

最新の医療現場では電子カルテやオーダリングシステムといった物を導入し、IT化が進んでします。

 

 

その要因の一つとしては、今までは患者様一人ひとりに紙のカルテを作り、ファイリングして保存していました。患者様というのは毎日新しくみえた方もいますし、その情報量の保存というのは、病院では大きな問題点の一つでした。

 

 

患者様一つの既往歴を追うにも一苦労という事も珍しくなかったのです。また、オーダリングシステムというのは、パソコン上で患者様の予約を行ったり、必要な検査や薬剤などの情報を部署を超えて共有する事で、スムーズに診察が進むようにシステム化しています。

 

 

今までは、看護師が医師の診察の補助として必要な検査部まで案内をしてから検査などを行っていましたが、パソコン上でどのような患者様がいてどういった検査が必要とされているのか把握できるので、検査結果もすぐにパソコンで把握できるようになりました。

 

 

看護師が毎日の検温や状態を把握した情報をオーダリングシステムで管理したり、必要な治療方針を設定する事によって、様々な関連部署が動きやすくなりました。また、薬剤をバーコードリーダーなどで管理し、2重に投与されたりすることがなくなったのも最新医療の特色といえるでしょう。

 

最新の医療現場で働く場所を検索するならこちら!